アロマテラピーとクレイの教室を本格始動させたいGreenPandaの日記

アロマテラピーとクレイの教室GreenPanda(ぐりーんぱんだ)を主宰しています。 大阪と実家のある群馬、埼玉周辺でアロマの出張教室を行っています。 今はまだ大阪で会社員をしながら細々と活動していますが、近いうちに群馬へ帰って本格的に教室を始動させるために只今勉強中です。どうぞよろしくお願いします!

2015年01月

クレイで歯磨き

こんにちは。
群馬でアロマテラピーとクレイセラピーの教室を始めたい
大阪在住のGreenPanda(ぐりーんぱんだ)です。
(クレイセラピーも楽しいですよ)


先週クレイセラピーのレッスンで実習した
クレイの歯磨き粉にハマっています。


市販の歯磨き粉の清涼感でしっかり磨いたつもりになっていましたが、
クレイを歯磨き粉に使ってしっかり磨けるようになりました。


クレイ歯磨き粉は作り方もカンタンでいいこといっぱい。


<作り方>
ホワイトクレイ小さじ1杯ぐらいを適量の水で溶いて
ペースト状にするだけで出来上がり。(超簡単!)


水の量は口の中に入れるので、少な目にして堅めのペースト状にするのがおすすめです。



<クレイを歯磨き粉として使うメリット>


①クレイの汚れを吸着する作用で、磨いた後の歯のツルツル感が気持ちいい


②発泡剤が入っていないので泡立たず、自分のペースでしっかり磨ける


③血流がよくなるので歯茎によい


④菌を抑制する作用があるので、口内を清潔に保ち口臭や虫歯を予防できる


⑤人工的な味や着色料が入っていないので安心して使える


では<クレイを歯磨き粉として使うデメリット>

(私的には何もないのですが、あえて言うなら)


①歯磨きの時に毎回作るのが面倒(私が毎日続けられているから大丈夫!)


②ミントの味がしない(まれに味が苦手な人がいるようですが、私は刺激の強い味よりクレイのほうが好みです)


③まれに舌に白い色が着く(すぐ取れます)


以上が一週間毎日使ってみた感想です。

クレイ歯磨き試してみたくなりませんか!


こんなふうにして使ってます。

クレイ歯磨き
朝寝ぼけて撮ったので、照明を点け忘れ、暗くなってしまいました。
歯ブラシは可愛くてお気に入りです(どうでもいい情報。。。)


今日は寒かったです。
大阪でも昼間雪が舞っていました。
私は寒いと頬が赤くなる体質です。
今朝、真っ赤になった顔を同僚が見て、田舎の子としきりに言われました(・_・;)
(実家の前橋は群馬でも都会だと思っていますが)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
明日も良い休日を。

講座の前に大切にしていること

こんにちは。
群馬でアロマテラピーとクレイセラピーの教室を始めたい
大阪在住のGreenPanda(ぐりーんぱんだ)です。


アロマテラピーを勉強し始めた頃、講師のお仕事ってどうですかと
その時教わっていた先生に尋ねたことがありました。


その先生は
授業の前段階の準備がとても大変。
それさえキッチリとしておけば、本番は準備したものを出すだけ。
とおっしゃいました。


ほんの少しですがアロマの講師を体験させていただいて、
先の言葉が身にしみています。


教える経験値がまだまだ少ないので、当然のように準備は大変です。

テーマを決めて、実習内容を決めて、テキストを作り、材料を仕入れたり道具を揃えます。


仕入れの材料が揃わないこともしばしばあって、そうなると最初からやり直し。

テキストや実習の材料などが揃ったら、今度は授業のシミュレーション。
どの部分にどのくらい時間をかけるか、質疑応答の想定などを考えます。


本番で頭が真っ白になっても手が動くように講座の前に実習物を50個ぐらい作って練習もします。


時間をかけて納得いくまで準備をすると
本番の講座では大勢の人、初めての人の中でそれはそれは緊張しますが、
自信を持って進められます。


もっと沢山経験を積めばそうでもないのかもしれませんが、
本当に準備は大切なんだと実感しています。


偉そうに語ってしまいましたが、


色々考え(妄想)ながら準備している時間が楽しいです。
やっぱりアロマが大好きだ~。


アロマの講座じゃなくて、試験とかプレゼンとかどんなことも準備が大切なんですね。
(痛感してます!)


今日は雪が降っているところもあるようです。
ユーカリやオレンジの精油の香りで風邪予防してよい週末をお迎えくださいませ。

ホホバ凝固
スキンケアに使っているホホバオイル。
今朝は固まっていました。
(写真ヘタすぎスミマセン)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


アロマ男子のすすめ

こんにちは。
群馬でアロマテラピーとクレイセラピーの教室を始めたい
大阪在住のGreenPanda(ぐりーんぱんだ)です。
(只今レッスン受付中です)


最近は女子力男子という、女子と同じ、いや女子以上に
美容や料理に励む男子が増えているそうです。


女子の立場からすると耳の痛い話です
(おっさん女子も流行ればいいのに!)


そのうち、このクリームや化粧水がいいよ。
なんて会話を後輩男子に教えてもらうのかしら…。


ならば、アロマやクレイを使った手作り化粧品や
美容に良いハーブなどを使えばもっと女子力アップするのに。


アロマ男子、クレイ男子が増えればうれしいです。


私の知る限りでは、男性でアロマをしている人は医療系の方や農業系の研究者の方など
偉~い人が多いと思います。


奥さんや彼女がアロマをしていて、一緒に使っている人は結構いるみたいですけど
ご自分で精油を買ったり、何かを作ったりするひとはまだまだ少ないのでは。


大人数のアロマのセミナーだとチラホラいらっしゃいますが、
少人数のスクールで男性を見たことはほとんどありません。


男性の持つアロマのイメージって女子っぽいですもんね。


それって非常~にもったいです!


ひげを剃った後のローションとか、肩こり、目の疲れ、ちょっとしたキズ、
汗のにおいなどに対処出来たりと

男女関係なく、アロマもクレイも良いこといっぱい!

なにか始めたいと思っている男子の皆さま、
アロマやクレイをはじめませんか!

間違いなくモテますよ~。
(もちろん、毎日の暮らしに役立つことは保証します)


アロマのトライアル講座などありますので、よろしければGreenPandaへ。
お問い合わせ大歓迎でございます。


明日は金曜日、あと1日でお休みですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

寒さを測る

こんにちは。
群馬でアロマテラピーとクレイセラピーの教室を始めたい
大阪在住のGreenPanda(ぐりーんぱんだ)です。


朝、寒くて起きるのがツライです。

厳寒地方にお住まいの方には怒られそうですが、
やっぱり冬は寒いです(キッパリ)


この時期になると毎朝なんとなくチェックするものがあります。

今日は厚手のロングコートにするのか、ショートコートで大丈夫なのか、
服装の調整はこれを見て決めています。


ホホバオイル~(ドラえもん風)


ホホバとは
ウィキペディアより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%9B%E3%83%90


ホホバの種を絞ってとれたオイルがホホバオイルですが、
肌なじみもよくマッサージオイルとしてもよく使わる
アロマではおなじみのキャリアオイルです。


ホホバオイルは、10℃前後で固まり始め、5℃前後で完全に固まります。

この状態を見て、まあ寒いのか、めちゃ寒いのか見極めています。
もっと寒くなるとずーっと固まりっぱなしになるのですが、
大阪の私の部屋では、液状か固まり始めでシャリシャリしていることが今のところ多いです。
年末のほうがコチコチに固まっていました。


ホホバオイルと同じく、寒くなると固まるのが
水蒸気蒸留したローズの精油です。(水蒸気蒸留したものに限ります)


とても高価なオイル(メーカーによりますが、2mlで1万円超えてます)です。


初めてローズ精油を手に入れた時が冬でした。
いざ使おうとしたら精油が出で来なくて
空瓶だったのかとショックを受けたことを鮮明に覚えています。


凝固したホホバオイルの写真を撮ろうと思ってから
ずーっと固まらないんです!
固まったら写真載せますね。

火事ではありません。
山焼き
先日、奈良の若草山の山焼きを見てきました。


会社員としての仕事がこれから1ヶ月ほどピークを迎えます。
アロマで、クレイで乗り切っていこうと思いますので
報告お楽しみに!(楽しみにしてくれる人いるんだろうか…(^_^;))


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝、感謝です。

モイストポプリ初体験

こんにちは。
群馬でアロマテラピーとクレイセラピーの教室を始めたい
大阪在住のGreenPanda(ぐりーんぱんだ)です。
(群馬近郊の方、よろしくお願いしま~す。)


先日、「某○○○木」へ「モイストポプリ」というものを作りに行ってきました。
(偵察ではありません!勉強です)


モイストポプリ初体験、楽しんで作りました!


まずポプリとモイストポプリとはどんなものかというと


~ウィキペディアより~
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%97%E3%83%AA


ポプリ (フランス語: pot-pourri) は、花や葉・香草(ハーブ)、香辛料(スパイス)、木の実、果物の皮や苔、
精油またはポプリオイルなどの香料を混ぜあわせて容器に入れ熟成させて作る室内香のひとつ。
語源はフランス語で「ごった煮料理」を意味した pot pourri (直訳=「腐った鍋」)で、
多様な材料を混ぜてつぼに入れて作ったことに由来する。


主流なポプリには次の2種類がある。


・ドライポプリ すべての材料を乾燥させて作る。英国風のポプリ。


・モイストポプリ 生乾きの材料に塩(または粗塩)を加え保存処理をして作る。
フランス風のポプリ。モイストポプリは古代エジプト時代から作られていたという説もある。
~ここまで~


モイストポプリがどんなものかわかったところで作り方を説明します。


<材料>
塩、ハーブ数種類、好みの精油、密閉できるガラス瓶。


<作り方>
①塩に精油を混ぜて香りをつけます。
②ビンに①の塩を数センチ入れます。
③②の上にハーブを数センチ入れます。
④塩とハーブを層になるように順に入れ、最後は塩で終わるようにします。
⑤この時は香りがまだなじんでいないので、1、2週間ぐらい熟成させます。


これで出来上がり! 超簡単です。

モイストという名前の通り、しっとりしたポプリです。


時々ビンの蓋を開けて香りを楽しみます。
お部屋全体を香らせるほと香りが強くないので、
寝室の枕元、机やテーブルの上に置いてスポット的に使うのがおすすめです。
香りが飛んでしまったら、精油を加えてかき混ぜます。


今回はドライハーブを使用しましたが、
本来は生乾きのハーブや花弁を使うようです。

本格的なモイストポプリはウン十年たっても香りが残っているんですって。
ずーっと前の香りを瓶に閉じ込めてとっておくってロマンティックですね~。(うっとり)


見た目も華やかで飾っておいてもいい感じです。

これが今回作ったモイストポプリです。
モイストポプリ
持ち帰る時にカバンの中で揺らして、少し混ざってしまいました(^_^;)


モイストポプリ中身
フタを開けるとこんな感じです。

適量をお風呂にいれてバスソルトとしても楽しめるそうです。

あっ、その時は適量をお茶パックなどの袋に入れてからバスタブへ入れてくださいね。
ハーブや花びらが水面でゆらゆら揺れているのを見ながらの入浴はサイコーなのですが
お湯を抜く時、花びらが詰まって面倒なことになります!(重要事項)


いろいろ試作して、クラフトのレッスンでできるようにします。
お子さん達と作るのも面白そうです(妄想中~)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。